家族が安心して生活できる二世帯住宅を建てるために重要なことは?


小さな子どもや高齢の両親に配慮した設計を依頼しよう

二世帯住宅を建てるタイミングはそれぞれの家庭の事情によりますが、特に小さな子どもや高齢の両親がいる場合は、安全面に配慮して家づくりの計画を立てることが大事です。例えば、リビングや寝室など長く時間を過ごす場所のスペースを確保したり、家の中の段差を可能な限り解消したりと、長く住むことを前提として対応を考えましょう。理想の二世帯住宅を手に入れるには、ハウスメーカーや工務店の担当者、建築士に希望を伝えたり、一戸建てのカタログを通じて色々なタイプの住宅の特徴を比較したりすることが大切です。なお、どこに相談をすればよいか迷っている時は、二世帯住宅向けのユニバーサルデザインやバリアフリーの設計をアピールしているハウスメーカーや工務店を優先的にチェックしてみましょう。

住宅の購入やリフォームの資金集めの方法を考えよう

二世帯住宅は、家族の人数や年齢、ライフスタイルなどによりますが、住宅のデザインや設備の希望が多くなる傾向にあります。満足のいく二世帯住宅を購入するには、早い時期から家族内で資金集めの方法について相談を始めることが大切です。住宅の構造から室内のインテリアまで様々な箇所にこだわりたい場合は、住宅業者や金融機関の担当者のアドバイスをもらいながら、無理のないローンの組み方を選択するのがおすすめです。また、数十年にわたり二世帯住宅で快適に生活をするには、時期を見計らってリフォームを行う必要があります。将来のリフォームの費用に困らないためにも、リフォームを視野に入れて注文住宅の購入プランを考えるようにしましょう。

親世帯と子世帯が一つ屋根の下で暮らす二世帯住宅は介護や子育ての環境において助け合いができ、お互いにとって安心できる住まい方です。